-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-09-06 17:34 | カテゴリ:心と身体
先日の発表会、大人が多かったこともあり、緊張対策を入念に行いました。

自分自身が長いこと、過剰というより異常な緊張に悩まされた
こともあり、緊張とは何かということを随分、研究しました。

そして、わかったことは、緊張は身体反応であるということ。

そして、身体感覚をあげていくと
緊張した精神とは別に、緊張していないときの身体の動きを選択
することができるということです。

身体感覚をあげていくと、緊張しているときと、していないときと
身体の動きが、どう違うのかということがわかってきます。

そして、身体の部分をしっかりと認識できて、コントロールできるようになると
緊張しているときに、緊張していないときの動作を選択できるように
なっていきます。

緊張が「目に見えないもの」と思うと、対策をたてようがありませんが
実際に「目に見えるもの」として考えると、対策をたてて
よりよい方向に自分を導くことができると思います。

では、緊張しているときの身体の状態とは、どんなものか。

ひどく緊張すると、股関節が締まります。同時に、横隔膜が緊張して
胸骨が動かなくなります。
結果、肩甲骨は全く動かなくなり、そうなると
全身の動きのコンビネーションが全く異常なものになるので
自分の手がなにを弾いているのかが、わからなくなります。
(脳がパニックになったような感じです)

さらに、呼吸もできなくなり、胸が圧迫されることで
不安感も増幅します。

これが、いわゆる頭が「真っ白」になる状態だと思います。

これを回避するための方法として、私は
みんなの普段の演奏フォームを「筋肉を縮めないで弾く」スタイルに
もっていき、本番直前には、さらに丁寧に一音ずつ、
それでもまだ入っていると思われる筋肉の無駄な力を抜く
というレッスンをしました。

「ゆるんで弾く状態(リラックスして弾く状態)」をしっかりと
脳に記憶させるのです。

キーを押したまま、筋肉が緊張をやめるのを待ち
ゆるんだら次の音を弾く、、というやり方です。
ものすごいスローモーションです。笑。

本番時に緊張しているけれど、していない状態の動作を意識的に選択する、、
というのは、舞台になれていない人達には、少し難しいので
脳が本番演奏時に「ゆるむこと」を選択してくれるよう、
「ゆるんだ動作」をあらかじめ生徒の脳にしっかりと記憶させたのでした。

この方法をとった結果、「頭が真っ白になる!」と深刻していた小学生は
落ち着いて、演奏することができるようになりました。本番も完璧な出来でした。

今回の発表会では、お客様の多くに
「みんな、ミスをしても動じることなく冷静に次の音を弾いていたのに
驚いた」と言って頂きました。

そう。

筋肉が緩んでいるとミスをしても、自分が今、どうなっているのかを
把握できるので、冷静に次から弾き進めることができます。

本番で力を発揮するためには、日頃から
「筋肉を縮めず長く使って弾くようにする。緩んだ動作を脳に記憶させるように
練習する」ことが重要であると確信した今回の発表会でした。
(学生の頃やっていた、イライラしながら、がむしゃらに弾く、、というのは
一番いけないパターンということも。笑)

本番に何かをする、、のではなく、『日頃から』がポイントですね。

これは、もしかして、他のジャンルでも同じことが言えるかもしれません。
スポンサーサイト
2013-04-15 11:39 | カテゴリ:心と身体
おはなし会のための練習をしていたら、ふと、あることに気づきました。

それは、昔お世話になった先生に、よく注意されていたことに
自分自身がとても縛られているということでした。

「これは、してはいけない」と、何度も注意されていたこと。

それに対して、「そうならないように、ならないよう」に必死になっている
自分に気づいたのでした。

「ならないように、、」が、だんだん強くなっていくと
「なったらどうしよう」という恐れにつながっていきます。

そして、その恐れが身体をこわばらせて、、、
「しないように」と思っていた「よくない状態」を
作ってしまっていることに気づいて、びっくり。

「なってもいいんだ。」と自分に言い聞かせたけれど
「いやいや、だめだめ。そんなみっともないことしちゃ」と
言い張る私。

以前、治療師さんに教えてもらったタッピングをしてみて、
http://www.jatft.org/stress-caring.html
感情を外にだしてみました。

そうやって、頑な気持ちが少し変わったら
身体の緊張がゆるみ、、「やってはいけない」と思っていたことが
起きなくなり、きれいに弾けるようになりました。

、、、それに気づいた直後に大人の生徒がレッスンにやってきました。

彼女はとある会でピアノを弾くことになっており
本番直前、緊張バリバリでやってきました。

そう。

本番直前に特にでるのが、
この「やってはいけない」と強烈に握りしめていること。

彼女は、「ミスをしてはいけない、変な音をだしてはいけない」を
握りしめるあまり、指に力が入り、鍵盤に指をガンガン打ち付けて
(普段は、打ち込み傾向があるぐらいで、そこまでひどくありません)
弾くので、自分の音がかえってよくきこえず「変な音」をだす
結果となっておりました。

そこで、私の気づきをシェアしてみました。

すると、音がふんわりやわらかくなり、力もぬけて
音がよく聴こえ、結果、「変な音」をだすことがなくなりました。
同時に演奏も美しくなりました。

よく考えると、なんだかこれに似たこと、よくある気がします。

何かを激しく嫌って避けよう思う気持ちが強い人が
結局、その避けたいところにいってしまう光景。

パワハラを無くしたいと活動している人が
自分の部下に対してひどい対応をとっているという話を
聞いたことがあります。

「自分勝手は絶対にはいけません!」と言っている人が
自分の都合に従わない人に向かって「自分勝手だ!」と
言って怒ったのを見たことがあります。

、、、。これは、人ごと?

何かをあまりに頑にいけないと思う気持ちが
自分の「いけない」と思うところに辿り着かせるとは
皮肉な話です。

あまりに強く価値観を握ることで
心や身体がこわばって、自然さが失われて
かえってそれをやってしまう、、
のか、どうかは、わかりませんが
自分の中の「絶対にやってはいけない!」ことのリストを
見直したくなりました。

2013-04-13 17:30 | カテゴリ:心と身体
2007年の秋のコンサート以来、ずっと手の痛みに悩まされていた私。

2010年ぐらいから、曲によっては弾ける、、というレベルにまでは回復。

今年になって、やっとコンサートが開けるまでに回復しました。

以前に、たくさんのピアニストと親交のある方に
「ピアニストの手の故障は治らないらしいね。よく治ったね」と
言われたことがあります。

私は、自分の回復に励んでいる期間、自分の体験を通して
故障と回復のメカニズムについていろいろな方にお伝えしてきました。
故障とまではいかないまでも、強い疲労などを訴える方々の
悩みの解消のお手伝いもしてきました。

手の故障は、実はピアノの弾き方だけが問題ではありません。
日常の身体の使い方も大きく影響します。

そして、精神的の要因もとても大きく関係します。

今までにお会いした方の多くは、過去に体験した記憶(主にレッスンの記憶)に
しばられた結果、思うように弾けないということがとても
多かったように思います。

、、と、そこまでは、十分に知っていたのですが。。

今回、コンサートの準備をしているときに、ピアニストの故障の治らない
原因は、もっともっと深いところにあることに気づきました。

それは、「思考パターン」でした。

現在、8時間の練習にも耐えられるぐらいに回復した私の手ですが
ある日、急に指が痛くなりました。

もともと私の手の痛みは指先の関節が痛むというものでした。
ひどいときは、関節に電流が流れたかのような痛みでした。

そんな痛みをもう思い出せないほどに回復した私の指に再び痛みがでたのは
本番の10日前。

演奏するときに、とにかく筋肉を縮めないで、自由に伸ばした状態で使い
腕の重さをきれいに鍵盤にかける練習をしていた、、はずでした。

なのに。

いつのまにか、重さをかけているはずの指は、鍵盤に指を押し付けることを
はじめていました。こっそりと。

なんだか、音が変だ、のびない、つかれる、、ああ、本番前なのに
なんで?なんで?もう一回、、とやっている間に指先に痛みがやってきました。
焦っていたせいで、休みもとらずに弾いてしまい、腕も疲労でぱんぱん。

なんで、こんなことになったんだろう?
自分の心をみつめました。何を思って弾いていたのか。

そこには、どこまで弾いても自分を認めてあげることのできない私がいました。
「足りない、足りない、だめだ、だめだ」
自分を全否定する私。

こんなに下手なんだから、休んでいていいはずがない。一回でも多く弾け!
休むなんて許さないと鬼のように自分に喝をいれる私。

そして、本番が怖くて怖くて、あるはずもない
何か確かなものを手にいれたいと、一音一音にすがりつくように
弾いていた私。

ああ。これが、手を傷めた本当の理由だと悟りました。

そして、いつもいつもピアノを弾くと修行のようになって
どこか楽しさがなくなってしまうのはなぜだろうと、よく悩んでいた
理由もここにあることに気づきました。

これらの気持ちを押え込んで、たくさん弾くことで誤摩化そうとしていたんですね。

そこで、思い直しました。

私は、ぎりぎりの気持ちではなくて、豊かな温かな気持ちでピアノを弾いて
それを聴いてもらいたいのだと。

そして、ピアノを弾きながら、豊かで幸せな気持ちで生きていきたいのだと。

それに必要なものは?

今の自分の実力を受け入れる気持ち。

焦りをかき消すためにやみくもに弾くのではなく
冷静に建設的な努力ができる、思考。

ピアノを弾くことの中に自分の人生があるのではなく
自分の人生の中の一部にピアノがあるのだという意識。
(小さい頃から、ピアノ最優先で育ってきたために
この意識、どこかにいってしまっていました)

そうか、と気づいて、練習をするのをやめました。
2、3日はテンポの確認だけして
週末には娘を連れて、暢気にお花見にいくことにしました。

そのあと、気功の先生に身体の疲労をとってもらい
次の日からゆっくりと練習をはじめました。

焦る気持ちや不安がでたら、練習をやめて
タッピングをして感情を外にだしました。

本番までの一週間、そうやって過ごしながら
時には、娘と絵本をよんだり歌をうたったりして
のんびりしながら、合間に練習をしました。

そうしたら、手の痛みがどんどんなくなっていきました。

そして、いつもなら本番前に身体の緊張でどんどん下手になったのに
今回は前日まで、どんどん演奏がよくなっていきました。

本番はと言えば、いままで一番、しっかりと音を聴いて楽しんで
弾くことができました。(今まで何度もコンサートに来ていた方々にも
「すごく音がよくなっていて、びっくりした。今までと全然違う!」
と言って頂きました)

今まで追いつめて、責めて、おしりをたたいて、、そんなことを
自分にしていたことが、どんなに馬鹿げていたことだったのか、、と
しみじみ思います。

手の痛みを治すことは、思考パターンを変えること。
つまり生き方を変えることなのですね。

久々の本番がもたらしてくれた、大きな気付きでした☆
2011-07-12 12:12 | カテゴリ:心と身体
ここのところ、朝、目覚めたときに
なんだか機嫌が悪い日が何日かありました。

何もないのに起きるなり、イライラして
なんだか嫌なことを思い出したり
意味もなくどうでもいいことにカチンときたり。

なんか、変だなと思って、よく考えたら
それは、寝る時にクーラーを入れたときに
起きることが判明。

身体が冷えてるってこと?
冷えるとイライラするのかしら?

、、そこで、急いでお風呂に行き半身浴をすること
30分。

身体が温まるにつれ、みるみるイライラが消えて、
平和な気持ちがもどってきました。

お風呂からあがって、ネットで「冷え、イライラ」と
検索してみたら、やはり冷えとイライラは結構深いつながりが
あるようです。

この暑い時期、とにかく涼しくしたい!という衝動に
かられますが、身体の冷やし過ぎには注意したいですね。
2011-07-10 09:00 | カテゴリ:心と身体
先日、フェルデンクライスメソッドの先生と、身体に刻まれる記憶の
話をしていました。

人の身体は、特定の身体のポーズで「記憶」や「感情」が
よびさまされる。(胸をはったら、自信のある気分になるのが典型的な例)
逆に、特定の「記憶」や「感情」で、それに関係するポーズを
身体が無意識にとりはじめる。(自信がなくなると、うつむいたり
猫背になったりしますね)

その会話の中で先生が、「記憶は動作によって細胞に刻み込まれていく」
というお話をして下さいました。

人は、漢字などを繰り返して書いて覚えることがありますね。
繰り返して書いた漢字は、頭が覚えているというより
手が覚えているという感じ。

反復された動作は、記憶としても強力で、時が経っても
本人が忘れたと思っていても
その人の身体の中に残っているもののようです。

私自身も、英単語をパソコンで打ったらスペルがわからなかったのに
書いてみたら、手がすらすらと動いたという経験があります。

この興味深い現象を、最近レッスンで体験しました。

昨年の夏からピアノを習い始めた、OLさんのSさん。

はじめてのレッスンのとき「子供の頃、ちょこっとだけエレクトーンをやっていましたが
もう何も覚えていません」。。とご本人はおっしゃっていました。

確かに、楽譜を見せても、しばらくは「????」という
感じでした。
だから、本当にご本人はエレクトーンのレッスンの記憶は
ないようなのです。

、、、が、しかし。

最近、ちょっと難しい曲を弾くようになったら
ピアノをはじめて習った人は、やらない腕と手の使い方を
Sさんがはじめたのに気づきました。

「この弾き方って、、、、?」

「ああ!エレクトーンだ!エレクトーンの弾き方!」
(私自身も、昔エレクトーンを習っていたことがあり
上手くはないですが、先生の資格をもっています)

本人が、忘れていても、身体は動きを覚えているというのを
実感した瞬間でした。


もう一人、衝撃的な記憶が身体に残っていた方がいました。

こちらもOLのAさん。

Aさんは、十代の終わりまで、某大手音楽教室の専門コースで
スパルタ教育を受けてきた方で、音大生なみの曲を弾く方です。

現在は、昔弾いて、うまくいかなかった曲に再挑戦中。

随分上手になったのですが、あるページにくると
突然、乱暴な演奏になる。音を聞かずに投げ出したかのようになる。

「このページは、どうしたの?」と聞くと
ご本人も、きれいでないことはわかるものの、首をかしげるばかり。

「では、ここを弾いているときの、ご自分の心の動きをよく
観察しながら、もう一回弾いてみてください」

そして、弾いてもらうと、不思議なことが起きました。

演奏と一緒に、先生が大きな声で注意したり、歌ったりしている声が
一緒に聞こえてくるような、、気がするのです。

気のせいかなあ、、、と思いつつ、「前にこの曲をレッスンしてくれた
先生は、ここを弾いたときに、どうしていた?」と聞くと
「大声で、もっと大きく!とか言ったり、歌ったりしていました」
とのお返事。

やっぱり。。。

なんで、私に聞こえたのかは、ともかくとして、、、(笑)

昔、先生に圧倒されて、自分の音を聞かずに先生の大声だけを聞きながら
何も考えずにただガンガン弾いた身体の動きが、彼女の中に残っていたことが
驚きでした。

もう10年以上たっているのに、その曲を弾くことで記憶が呼び覚まされたのですね。
(その後、「記憶の先生の声ではなく、今、鳴っている自分の音を自分の心で聞いて弾いて
下さい」と言ったら、きちんとした演奏ができるようになりました)

レッスンで行ったこと、発言したことは、みんな生徒の身体に刻まれていく。

身のひきしまる思いです。。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。