FC2ブログ
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-01-11 23:59 | カテゴリ:日々のこと
いつの頃からか、私は音楽を聴く時に
どうも分析的な耳で聴いてしまうようになり
純粋に楽しむことができなくなりました。

どんな風にアレンジされていて
この人はどういうメロディーラインが好きで
演奏している人はどういう力をもっていて
どういう考えで演奏していて、、なんて
あれこれ分析的に考えながら、
その上で「かっこいいなあ」とか
「う~ん」とか思っていたのです。

それはそれで結構楽しくて、色々わかるようになった
自分も好きだったけれど、そのうち
その思考を通して「優劣」みたいなものが
気になりだしたら、どんどん音楽に対する
純粋な楽しさが減っていきました。

人をジャッジする分だけ、自分の音楽へのジャッジも
厳しくなって、私は何かを見失っていきました。

だから、いわゆる音楽愛好家の方が目を輝かせながら
無条件に音楽を楽しんで
「音楽っていいですよね!」とか言うのをきくと
ちょっと羨ましい気持ちになりました。

正確にいうと、自分が失ってしまったものが
その人たちの中にあるのをみてちょっと
悔しささえ感じていました。笑。

私、なんでこんな風になっちゃったんだろうな。

ある日、そう気づいてから
時間をかけて少しずつ少しずつ
そういう呪縛をとくことをはじめました。

今では随分、その曲や演奏自体がもつ素敵さを
味わえるようになってきました。

そして他人をジャッジしなくなった分だけ
自分へのジャッジも減っていきました。

妙な優劣に気をとられることなく
難しい理屈抜きに
ただ「楽しいなあ音楽って」という気持ちが
わいてきたときの幸せなことったら。

専門の道を歩んだことで、
味わいそこなってきた楽しい感情っていっぱい
あったんだろうな。

私は幼稚園にあがる前から
音楽が大好きで、一人でずっとオーディオの前で
音楽を聴いているような子だったそうです。
歌も大好きで電車の中で大きな声で歌っていた
そうで。

母がピアノを習っていたので
家ではその演奏を聴きながら、ピアノのそばで眠っていました。
母のレッスンについていっては
レッスン室のグランドピアノの下で遊んでいたりして。

ある日、私もピアノを弾きたいと母に言って
レッスンをはじめ
そこから私の音楽人生がスタート。

音楽は間違いなく私にワクワクを与えてくれるものだった。

あの頃のように、何の気負いもなく
もっともっと自由にわくわくと音楽と関われるように
なっていきたいなあと思います。

いろいろな勉強をしてくる中で
「勉強道具」みたいになってしまった
音楽やピアノが、あの頃のようにただの「おもちゃ」になったら
もっともっと私の音楽はピカピカ輝いていくに
違いないなって思います。

以前はなかったことですが
最近は「音楽って楽しいな~」と私に心から思わせてくれた
曲のトラックをつくって
朝聴いたり、レッスンの前に(テンションをあげて
元気にみんなをむかえるために)聴いたりしています。

クラシックもピアノ曲も全く入っていませんが。。
さらにジャンルも時期もばらばらですけれど。。笑。
とにかくガツンとテンションをあげて
楽しい気持ちになれる私のセレクトはこちら。

ジャネット・ジャクソン「Together Again」
http://www.youtube.com/watch?v=MROVvcmSyeI
HOMEMADE家族「サンキュー」
http://www.youtube.com/watch?v=shyMxAxksGk
AQUA「カートゥーン・ヒーローズ」
http://www.youtube.com/watch?v=MBbOkkTcRo4&feature=related
木村カエラ「memories」
http://video.jp.msn.com/watch/video/木村カエラ-memories-pv/71jkl9cp
スポンサーサイト
2011-01-09 21:20 | カテゴリ:
昨年末から、「我慢をするのをやめて自分の心の声を聞く」ことをはじめたら
http://minnanoko.blog78.fc2.com/blog-entry-349.html

いろいろ発見がありました。

その中で一番大きな発見だったのは
スケジュールにあわせて行動するのではなく
自分の心が「今!」と思ったときに行動すると
どんなことも楽々できるということ。

自分の心があまりのっていないのにスケジュールだからと
無理矢理やるときに比べて使うエネルギーが半分以下。
しかも疲れないのです。

気持ちがのっているから、楽しいし、心を込めて
一生懸命やれる。

もう1つ気づいたのは、自分の心が「今!」と思ったときは
「やろうかな」とか「やらなきゃな」とか
やりはじめる時に思考が入らない。

気づいたら身体が、ふっと動く。

やる前とやるときの境目がなくて
す~っと入り込む感じ。

そして楽しく作業が進み、気持ちも集中でき
気持ちよく終了。

それが、仕事だろうと掃除だろうと
すべてそうでした。

そこで、「そうか!」と気づきました。

よく仕事で「頑張るぞ~!」と腕まくりすると
ずっこけることが多かった理由はここにあったのかと。

「頑張るぞ~」と思った段階で、気分はのっていないわけで
その「のっていない気分」を奮い立たせるために
「頑張るぞ~」と思ったり言ったりしていたんですね。

本当に気分がうまくのっているときは
「頑張るぞ」なんて思う前に、行動している。

そして「頑張ろう」なんて微塵も思わずに
作業に没頭している。きっとそれが
肩に力の入らない「一生懸命」の状態。

そういえば、以前にピアノのレッスンにきた方に
指が痛くなったところから、弾けるようなって
さらに他人のフォームがなおせるようになるまでの
研究は本当に大変だったでしょう、頑張りましたねと
言われたことがありますが、
実は「頑張った」記憶なんてないのです。

ただただ、何が起きているのか、どうしたら変われるのか
知りたくて知りたくて、そして研究によって
自分が変化していくのが
面白くて面白くて、さらに弾けるようになっていくことが
嬉しくて嬉しくて、、気づいたら身体に詳しくなっていた。。
という感じでした。

実際、冷静に考えたら、途方もない地道な作業を何日も
立てこもって一人で黙々とやっていたので
あれを「頑張ろう」と思ってやったら
しんどすぎて出来なかっただろうなって思います。

心の声と行動がぴったりあった状態で、
ただ夢中でやっていたから、
よい意味での「一生懸命」の状態ができて
研究し続けることができ、結果をだすことができたのでしょう。

何かをするときに「頑張ろう!」と腕まくりしたら
ご用心。笑。

そんなときは、ちょっと肩の力をぬいて一呼吸。
そして「ふっと行動したくなる」タイミングを待つことに
しようと思います。
2011-01-08 14:17 | カテゴリ:心と身体
以前、片山洋次郎さんという整体の先生の「身体にきく」という本を読んで
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4163696202/ref=pd_lpo_k2_dp_sr_2?pf_rd_p=466449256&pf_rd_s=lpo-top-stripe&pf_rd_t=201&pf_rd_i=4480059199&pf_rd_m=AN1VRQENFRJN5&pf_rd_r=1REAT5P89Z0JXBKJAQFW

身体の癖によって、思考傾向のパターンがあるということを知りました。

私の身体の癖は「ねじる」こと。
下半身を左回転に捻って、上半身を右回転にうごかすので
身体がねじれていくのです。
基本動作が捻れていて、おまけにストレスがかかると
それがきつくなって身体が痛くなる。

もともとは無自覚でしたが、ボディーワークのレッスンのなかで
気づきました。

そして片山洋次郎さんの本によると「ねじれている」人は
困難を乗り越えるという人生を選択しやすいそうで。。
(ずっと前に読んだので表現が正確じゃないかもしれないけれど)

それを読んで「ひゃあ~~」と思いました。

私をよく知る人は、きっと「なるほど~」と思うことでしょう。

これまで私、いつも「何かを乗り越える」というパターンを繰り返して
生きてきたから。

何か楽しいことに目を向けるよりも
何か問題を解決する方向に思考を向ける傾向が強い私。

それが身体の癖とも関係しているなんて。

しかし、その本を読んだときは「ひゃあ~」と思っただけで
どうしようもなく、それで終わってそのまま
忘れてしまいました。

その後、ねじれていることで身体に痛みがでたり
色々不都合がおきたので
あれこれボディーワークをやって「ねじれ」を
治すこととなりました。

本で読んだ内容についてはその後
そのまま忘れたきりだったのですが
最近、はたとそのことを思いだしました。

なぜかというと、急に
「もう大変なことを解決するために人生の時間を費やすのは
やめにしよう!もっと楽しいことに、生産的なことに
時間をつかって生きていこう!」という思いが
私の中からわき上がってきたから。

そして、最近やっと身体の「ねじれ」の癖が
緩和しはじめたところだったから。

これって、偶然??、、、じゃないですよね。きっと。
片山洋次郎さんの本は素晴らしい本だな~とは
思いましたが、、今更ながらにすごさを
思い知りました。

身体の様子がかわって、根本的な「生き方」に対する考え方が変わったら
なんとなんと物事にたいする好き嫌いまで
変わってきてしまいました。

嫌いだった食べ物を好きになったり
好きだった音楽を好きじゃなくなったり

今まで好きだったことに興味をなくしたり
嫌いだった人を好きになったり

あれあれあれ????というぐらいの変化ぶり。
ちょっと戸惑うほどです。

好き嫌いって一見、「感情」のように思ってしまうけれど
脳の反応なんですよね。

父が脳出血前と後で食べ物の好き嫌いが一変して
別人のようになってしまったのをみて
そう理解するようになったのですが
脳にアプローチしながら、身体の動きを変えていく
作業をしていくだけで、こんなことが
起きるとは思いもよりませんでした。

え~?私どうなっちゃうんだろう?と思いながら
今は変化を眺めているところ。。笑。

なんだか新しい私が生まれる予感です。

2011-01-01 08:42 | カテゴリ:日々のこと
あけましておめでとうございます!

いよいよ新しい年のスタートです!
みなさんは、どんな新年を迎えられましたか?

私はここ6年ぐらい、ずっと外で年越しをしておりました。
友人とお店でカウントダウンというのは毎年のことで
場合によっては、さらに夜中に車でそのままドライブをして
ご来光を拝む、、なんてこともありました。

しかし、今年は久々にお家で年越し。
考えてみれば家での年越しは結婚してからはじめてです。

そしてご来光は自宅のリビングから拝みました。

家のリビングはちょうど今頃日の出がよく見えるのです。
家のマンションは高層ではないのですが
近くに高い建物がないので日の出を見るのには
とってもよいのでした。

リビングからご来光をお迎えして
お茶を飲みながらおひさまが昇っていくのを
眺めたのですが、これもまた優雅な感じでよいものでした。

そして、今まであちこち走り回ってみたご来光は
ちょっと雲がかかっていたり、場合によっては
雲の切れ間から少しだけ陽の光が見えるなんて
こともありましたが
今日は、ピカッとどこも欠けることなく美しく
見ることができました。

最高の景色が家にあったなんて☆

走り回らなくても、幸せはここにある♪
って、ことかしらと思うお正月です。

日々、自分の目の前にある幸せを満喫しながら
楽しい一年にしていこうと思います。

本年もよろしくお願いいたします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。