FC2ブログ
2011-05-17 14:26 | カテゴリ:レッスン
7月17日に、発表会をやろうと思っておりましたら
なんと予約したホールの壁が3月の地震で崩落。

使用できなくなってしまいました。

本当は6月末には補修工事が終了の予定だったそうなのですが
必要な資材が東北から取り寄せなければならないもので
そこがうまくいかずに7月も使用中止。

びっくり。

みんな練習もはじめているから、
どうあっても発表会はやらなければいけない。
でも公共のホールは大抵一年まえか半年前には抽選をして
しまうから、今更空いている会場なんて
あるのかなあ??

。。。なんて心配したのですが

なんと、トトトトンと新しい日にちと会場が
決まりました。

8月13日土曜日、練馬公民館で
行うことに決定。

お盆のど真ん中で、どうだろうと思ったのですが
みなさん快く日程をあけてくださって
なんとか日にちを移すことができて
胸をなで下ろしております。

練馬公民館も、偶然あいていて
よかった。

公民館の予約に行ったときに
受付の方に「お盆にやるの?発表会」と
びっくり顔でいわれて
「予約していたホールが地震で使えなく
なっちゃって」と答えると
「結構、そういう人いるみたいですよね」と
言われました。

なるほど。
今年に限っては珍しい話じゃないんだなあ。

しかし。

スルスルと日にちを移動できたということは
なんだか、そこでやったほうがいい
(神様的な。笑)事情があるに違いないと
思っております。

きっと発表会がおわったときに
そうか、この会場でこの日になって
よかったんだなと、みんなが言うことに
なるんだろうな♪(脳天気?)

どんな会になるのか楽しみです。




スポンサーサイト
2011-05-06 11:32 | カテゴリ:お気に入り
ゴールデンウイークの前半、大好きな菊地めぐみさんの
メイクのワンポイントレッスンにいってきました。
http://ameblo.jp/mg-beauty/

メイクのレッスンは久しぶり。

アイシャドウってどうやったらきれいに
グラデーションをかけられるんだろう。

アイシャドウの明るい色ってどうやって使うんだろう。

どうやったらファンデーションはきれいにのるのかな。

メイク大好きの私は
いっぱい質問をかかえて、いそいそと会場へ。

めぐみさんは、やっぱりプロ。

私の質問に的確に答えを下さって
私はただひたすら「ほほ~~~!」と感心するばかり。
目の前で、自分の顔がみるみる
変わっていく楽しさ!!

とても楽しい時間を過ごしました。

さて、講座の途中、こんな質問をされました。

「自分の顔のチャームポイントはどこでしょう?
自分の顔のどのパーツが好きですか?」

この質問をされて、自分の顔を鏡でまじまじと
見た瞬間、すごいことに気づきました。

「わあ~、どれも好きじゃない。。」

これにはびっくり。

私は、自分の顔を嫌いだと思ったことは
ないのです。

鏡もよく見るし、どうしたら私なりにもっときれいに
見えるかなと考えるのは好きだし。

もっと言えば、20代のお肌つるつるで
シミも皺もない頃の顔よりも
今の顔のほうが好きだと思っているぐらい。
(20代の頃の顔は、すごい不満一杯の顔
していて、今のほうが穏やかな顔なんです。笑)

なのになぜ??

パーツを1つ1つ見ていくと
なんだか、どんよりした気分になる。

さらにパーツを見続けると。。。

自分の中から記憶の声が聞こえてきました。

「鼻が低い」
「唇が厚ぼったくて、格好わるい」
「目が腫れぼったい」

小さい頃に、(なんの悪意もなかったのでしょうが)
家族やまわりの人たちに言われてきた言葉でした。

本人としては、全然気にしていないつもりだったのに。
別にいいじゃん、鼻なんか低くたって!って
思っていたつもりだったのに。

無意識の領域に、そんなコンプレックスがあったとは!
びっくりです。

でも、人のなんとなくのコンプレックスなんて
こんなもんか、、と気が楽になったりもして。

自分ですごくいけないと思っていることは
過去に誰かが、その場の気分でなんとなく言った
ことの影響だったりするのなら
それって、大したことじゃないんだなあって。

事実かどうかだってあやしい話。
(だって言った人の主観でしかないのですから)

そして、過去の記憶なんか書き換えてしまえばいい。
(目を閉じて、「本当はこうだったらよかったのに」という
ドラマにその時の出来事を書き換えると
その過去の記憶から影響を受けなくなるんですよ。
最近、私よくやってます。笑。)
→詳しくはこの本にhttp://www.amazon.co.jp/「宇宙の力」を使いこなす方法-キャサリン・ポンダー/dp/4763199587


な~んだ。
コンプレックスに対して悩むことって
存在しない的と戦うみたいなことだな~と思ったら
なんだか笑えてきました。

いい発見をしました。