-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-01-22 17:51 | カテゴリ:子供のこと
娘が生まれて、やっと一ヶ月過ぎました。

新生児の期間、赤ちゃんの変化ってあまりないのだと思っていたら。。
日々ものすごい変化をするので驚いています。

手の動き、足の動き、身体全体の動きが
日々どんどん変わってくのです。

商売柄、手の動きにどうしても一番目がいくのですが
これが日々、どんどん進化していくのに
ちょっと感動。

感覚なく、たらんとしていた指に力が入るようになったと
思ったら、翌日には指が分離してそれぞれに動くようになり
さらに翌日には、複雑な動きをはじめて。

さらに次の日に、腕もどんどん動くようになって
その翌日には押しのける動作ができるようになり、
その後すぐに引き寄せる動作ができるようになり。

そして指と腕の統合された動き。
腕をさしだして私の洋服をつかむようになりました。

日々、こんなにも進歩するなんてすごい。

前日の動きの具合で予測をたてて
だっこすると、いつも新しい動作が加わり
予想外の動きをされてびっくりする私。

娘にとって、毎日は進歩の連続。
毎日がスペシャルな一日。

でも本当は、誰にとっても
毎日はスペシャルな一日のはず。

大人になると、毎日が「いつもの繰り返し」に思えて
しまうことあるけれど、
今日と同じ日は二度とこない。

娘の姿を見て、そんなことを
改めて気づかされました。

「毎日がスペシャルな一日」
そう思って過ごしたら、何かがちょっと
変わりそうな気がします。
スポンサーサイト

2012-01-10 17:45 | カテゴリ:子供のこと
「妊娠中にお腹の子から夢を通してメッセージがくる」というのを
本で読んだことがあります。

本当かな~と思っていたのですが、私自身がすごくリアルな
体験をしました。

一回目は22週目のとき。

病院で「赤ちゃんの性別を知りたい人は22週目以降に
聞いてください」と言われていたのですが
まさに22週目に入る日の明け方、部屋の中を女の子が
走り回る夢を見ました。

そして、その日健診で病院に行ったら「赤ちゃんは女の子です」と
言われました。

二回目は37週目の後半。

妊娠はすべて順調。あとは陣痛を待つばかり。
そんなある日、自分の頭が固定されて動けず
横にいる人も頭が固定されて動けず、、という夢を見ました。
そして目がさめる瞬間、耳元ですごくリアルに
「助けて」と言われる声を聞きました。

「なんだろう??」
なんだかちょっと不安になったのですが
心当たりがないので、「気にしないでおこう」と思いました。

そしてその翌日の夜。

病院で「すべての人が帝王切開で出産することに
なりました」と言われる夢を見たのでした。

「え~?なんだろう」
しかし心当たりがないので、また「気にしないでおこう」と
思いました。

そして38週目に入った12月13日のこと。
妊婦健診に行ったら
(骨盤が小さくて)赤ちゃんの頭が骨盤にひっかかって
降りてこられない状態になっていることが判明。

27日が予定日だからと、12日まで仕事をして「これから
準備をしよう」とのんびり構えていた私に
先生が「明日入院で、明後日手術でどうかな?」と言いました。

「ええええええ????」
思いもよらないことに、びっくり。

動揺する私に
「急なことだからね。心の準備ができていれば、、なんだけど。
急すぎて困るなら20日にしてもいいよ。
ただし陣痛がきたら、緊急帝王切開になってしまうけれど」

「え~。どうしよう」

慌てて電話で夫に相談。
いつもは冷静で客観的な対応の夫も
「え~。(どうするのがいいのか)わかんない」

そりゃそうです。
産むのは私なんですから。

「どうしよう、どうしよう」
電話を切ったあとも、困って考えがまとまらずに
先生のところに戻った私。

しかし。。

「どうします?」と先生に聞かれたら
口が勝手に「じゃあ、明日入院で」と答えていました。

答えたあとに、「本当に大丈夫?心の準備なんか
できてないじゃない」とちょっと後悔。。。

でも次の瞬間に、数日前に連続してみた
夢のことを思い出しました。

「あれって!」
「このこと?」

頭が固定されて動かなくて助けてって言ったのは
赤ちゃん?

だから帝王切開になるよっていうメッセージだった?

それを思い出した瞬間に
赤ちゃんを迎える家の準備も心の準備もできていないのに
翌日に手術を決めてしまったことに対して抱いていた
不安と後悔がす~っと消えました。

なんだ。
「助けて」って言ってるんだもん。はやい方がいいに
決まってる。
明後日、手術で大丈夫。

急にそういう気持ちになりました。

一見、意味不明に思えた夢が
こんな大事な役割を果たすとは。。。

助産師さんに、その話をしたら
そういうこと、やっぱり結構あるらしいです。

妊娠、出産は本当に神秘的ですね。
2012-01-06 09:45 | カテゴリ:日々のこと
あけましておめでとうございます♪

21日に病院から退院してきて、赤ちゃんのお世話で
あたふたしている間に新年がやってきました。

いつもは、必ず一筆いれている年賀状にも
何も書く余裕がなく印刷のみで送ってしまったのですが
いろいろな方から「赤ちゃん誕生おめでとう」メールを
頂き、とても嬉しいお正月となりました。

私は近所にある評判のよい産婦人科で出産したのですが
来月、同じ病院で高校の同級生が出産することが
年賀状で判明。

なんだかとても嬉しく楽しい気持ちになりました。

新しい生活に少しずつ慣れながら、今年は仕事もしっかりとやっていきたいと
思っています。

新年がみなさまにとって素晴らしい年となりますように☆

本年もよろしくお願いいたします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。