fc2ブログ

「ピアノの捉え方」を変えると打鍵動作が変わる

2024.02.12.09:59

「音が固い」「演奏の流れが悪い」
「繊細に歌いたいのになんだかゴツゴツした感じになってしまう」

そんなふうにを思ったことはありませんか。

レッスンで、こんな相談をしてくる方のほとんどは
「深すぎる打鍵」で演奏しています。

ピアノのレッスンでは、しっかり鍵盤を押し下げることに
注意を向けることが多いように思いますが、
実は、しっかり押し下げすぎても問題が起こります。

実際、打鍵が深すぎることは、怪我にもつながります。
へパーデン結節になる人は、打鍵の深さに問題を抱えている
ことがほとんどです。

しかしながら、この基本的な打鍵の深さや、指に入る力が
ある程度定着してしまってから、それを修正するのは
とても難しいものです。

ピアノ演奏は、小脳回路にたくわえた過去の演奏に関する情報を
使って、脳が予測の運動命令を作ることで行われています。
ピアノ演奏の脳の働きは、ある意味、自転車漕ぎのように
無意識で作られる運動命令に支えられています。
それによって、楽譜を見た瞬間にその形に、その幅に指が開き
指を動かすことについて考えることなく、「表現」に没頭することが
できるのです。

指に入る力を変えたいと思っても変わらないのは
弾こうとした途端に、脳が「今までのやり方」を予測するからです。

長年ピアノを弾いていた人は、それだけ予測のための
情報も多く、新しい動きを作ろうとしても、「いつものやり方」を
作り出す、古い情報の影響の方が圧倒的に強いので、そっちに引き戻されて
しまいます。

そんな時に、便利なのが脳の知識です。

この予測の運動命令は、
「対象物の性質とそこに働きかける目的」に合わせて
「腕をどんな軌道で差し出すのか」
「そのためには骨格をどう動かすのか」
「その骨格の動きを実行するために筋肉の働きをどうするのか」
ということを、脳が「過去の演奏情報」をもとに計算することで
作り出しているのではないかと言われています。

脳が参考にする過去の演奏情報が運動命令を変えさせてくれないなら、
「対象物の性質とそこに働きかける目的」を
変化させるというのはどうでしょう。

打鍵が深すぎるのに変えられないと困っている人の多くは
潜在的に鍵盤が重いと思っていたり、必要以上に鍵盤を底まで
押し下げないといけないと思っています。
運動予測を行う時の「対象物の性質」とは、「その人が認識している
対象物の性質」です。みんな鍵盤の重さについては違う認識を持っているので
脳内における、この「対象物の性質」の情報は、個人個人によっておそらく
違うのだと思います。

だから、この「対象物の性質」について考え直すことで打鍵の深さを変化
させることができると私は考えています。

やり方は簡単。

鍵盤を眺めながら、演奏する時の指の動きを思い出してみましょう。
(弾かないで思い出すだけというのがポイント)
そして、自分に聞いてみてください。
「この小さな鍵盤一つを押し下げるのに、そんなに力が必要?」と。
そんなことを考えるだけで、脳に蓄えられている
「打鍵に必要な力」の情報が書き換わります。
そして、弾かずに打鍵の動きをイメージをしながら、鍵盤一つを動かすのに
必要な力がどのぐらいなのか考えてみましょう。
しっかりとイメージできたら、実際の演奏をしてみてください。
打鍵の深さや音色に変化が起こるはずです。

または「対象物に働きかける目的」を設定し直すという方法も有効です。

打鍵が深くなりやすいタイプの人は、「鍵盤に強くフォーカスする」
という傾向が見られます。
「鍵盤というボタンを垂直に押し下げる」ことが潜在的な目的になっていることで
指に力が入ってしまうという人を私は何人も見てきました。

そういう場合は、
「鍵盤を押し下げ、テコの働きを使ってハンマーを押し上げ
弦を鳴らす」ということを「目的」に設定し直してみてください。
そして、「テコの原理を使って弦を鳴らす時、指はどんなふうに動かせば
よい思う?」
と自分に聞いてみてください。そして「テコを使って弦を鳴らす」のに
見合った力での打鍵をイメージしてみてください。
イメージができたら、実際に弾いてみましょう。
演奏内容や動き、身体の感覚に変化が感じられるはずです。

「指の動きのイメージができない」という人は、「目的を
変えて弾いてみる」ということをお勧めします。
鍵盤にフォーカスするのを一旦やめて、「グランドピアノの弦をきれいに響かせる」と
いうことを「目的」として弾いてみてください。弾いているピアノがアップライト
だとしてもグランドピアノの弦をイメージしてみください。
長い弦をイメージするだけで、全身の動きがのびやかになり
それによって指の動きが変化します。

脳科学には「アフォーダンス」という概念があるそうです。
人は環境に影響を受けており、環境から引き出される動きがあるというような
考え方です。
ピアノという楽器をどう捉えるかで、引き出される運動が変わるということですね。

それぞれの人が自分の心地よい打鍵を見つけられますように。




♪ピアノと身体の関係にご興味がある方は無料モニターレッスンを受けてみませんか?

コンフォータブルパフォーマンスメソッド

遠方の方はオンラインでも対応しています。
スポンサーサイト



自分がピアノを弾く意味を見出せなくなったら

2024.02.09.10:50

音大を卒業したような、いわゆる「弾ける」人たちが抱える問題として
多いのが

「なんとなくピアノが楽しくない」
「ピアノが好きだったはずなんだけど」
「自分が弾く意味が見出せない」

という、気持ちの問題。

これは、側から思うよりもとても辛い深刻な問題です。
私もこの問題を抱える一人でした。

この問題。
結論から言うと「せっかく演奏して出した音」を
自分がうまく受け取れていない(脳で認識できていない)」
つまり「聴こえていない」から
起きていると私は考えています。
実際に「音楽が受け取れる」=「聴こえる」ようにすることで、たくさんの人が
この問題から解放されています。

では、私たちピアニストにとっての「音楽が受け取れる」
「演奏中の音が聴こえる」とは一体どういうことなのでしょう。

それは、一般的な「聴こえる」とは明らかに違うと私は考えます。

ピアニストは音をキャッチするのは聴覚だと考えることが多いのですが
実際には、ピアニストは聴覚の情報だけでは「音が受け取れた(聴こえた)」とは
感じません。

もし、あなたがピアノを弾く人なら、考えてみてください。

ピアノの音が聴こえてくるけれど、うまく演奏の修正がかけられない
時には、「聴こえない」と感じませんか。
「聴こえて、演奏を思うように修正できた時」に
「音がよく聴こえる」と感じるのではないでしょうか。

「聴こえる」ことに加え、「それを適切に修正できる」
ことが必要なのだとしたら、私たちの「音の聴こえ」は
もはや聴覚を超えた、「認知の問題」だということになるのでは
ないでしょうか。
つまり、今自分がどんな風に指を動かしたから、ピアノがどう反応して
こういう音楽になったのかということについての
詳しい認識が持てることをピアニストは「聴こえる」と
呼んでいるということです。

では「音の認知」は、どのように行われるのでしょうか。

それには、音に関するたくさんの「感覚情報(聴覚、視覚、
運動の感覚など)」が脳内で
統合され処理されることが必要です。

まずは、視覚、運動の感覚、筋肉や皮膚の感覚、平衡バランスの感覚から、
自分がどんな格好でピアノをどう操作しているのかをはっきり認識する
必要があります。それによって、今聴こえている音が
「自分の運動によって出た音だ」と認識することができるようになります。
実際に、身体の感覚が薄い人で、自分の音が他人の音のように聴こえると
悩む人が一定数見られます。

どんな音がでたのかをチェックするための
聴覚の情報と平衡バランスの情報も必要です。
音の高さは、おそらくは身体で認識しているので
自分にとってどちらが上なのかという「平衡バランス」の情報が
曖昧になると音に対しての認識も曖昧になります。
実際に、ストレスがかかって平衡バランスの情報にトラブルが起きると
音の高さの認識がおかしくなってしまうという事例が見られます。
(音が半音ずれて聴こえてしまうなど)

精度の差はあれ、ここまでの感覚がうまく処理されれば
「自分が何を弾いたのか」
「それは、楽譜の情報とおおよそ一致しているのか、そうでないのか」
という物理的な演奏結果を認識できる(聴こえる)と考えられます。
ここまで認識できれば(聴こえれば)、間違えないで、その場のニーズに合わせて
そこそこピアノを弾くことが可能だと考えられます。

しかし、音に対する認知が、ここまでの状態で終わっているときに、
私たちは「弾いてもなんだかつまらない」と感じます。
「弾いている実感がない」「自分と音楽が分離している感じがする」
「自分が弾く意味があるのかわからない」と感じます。

100パーセントそうかと言われると断言できませんが、
少なくとも、自分の中に満足感を得られないと悩む人たちは
間違いなく、ここで終わっています。

では、「演奏が楽しい」と感じるためには、あと何の情報必要か。

それは、音が「どうだったのか。どんな感じだったのか」という
「振動」の情報です。(振動覚)

音の振動は音の硬さ、広がり、温度、重量など、「その音が、どんな感情、感覚を
呼び覚ます、どんな感じのものだったのか」という「表現に関わる繊細で詳細な
言語化できないレベルの情報」を教えてくれます。
つまり、演奏された「音楽の中身」を教えてくれるのです。
音楽のエネルギーと言えばわかるでしょうか。

この感覚をはっきりと感じて、かつ、それを思う方向に修正できることを
私たちは、「よく聴こえた」「今の自分を表現ができた」と感じ、それが演奏の満
足感や幸福感につながるのだと私は考えています。
音の「振動」が音楽の喜びと関係するということは、「CDでは得られない感動を
コンサート会場では得られる」という経験をしたことがある人なら理解
できるのではないかと思います。巨匠の奏でる音色を全身に受けて、
言葉にならない感動を感じたという経験はありませんか。

だから、この身体への「振動」の情報が欠けた演奏パターンを身につけてしまうと、
人は、作業としての演奏はできるけれど、「弾くことがつまらない」と感じるように
なるのではないかと考えます。

ピアノ演奏は、運動が複雑であり、神経も使うので、すぐに身体のいろいろなところに
無意識の力みが生じます。そして、意識も運動の方へむきがちです。
つまり、音の振動が身体に伝わらない、認識されないという状態が
簡単に作り出されてしまうのです。特に、試験などに追われて、心を殺して
無機質な練習を長時間行うと、簡単にこの状態に陥ります。
そうなると、一生懸命弾いたのに、肝心の「演奏の中身」である
音楽のエネルギーを得られないということが、起こってきます。
そして、それが、繰り返し練習の中で基本フォームとして根付いた時
演奏者は「弾くこと自体にに虚しさを感じる」ようになっていくのでは
ないかと考えます。

さて、この「音の振動への感受性」ですが、
例え、失っていたとしても、取り戻すことは、そんなに難しくはありません。

やるべきことは二つです。
一つ目は、身体の緊張をとること。
そして、もう一つは、脳に「ピアノを弾く時には、音の振動が身体に
入るぐらいの筋緊張でよろしく」と伝えること。

これだけです。

身体の緊張の開放ついては、私のレッスンでは、
フェルデンクライスメソッドをベースとした方法で行っていきますが
ここでは、とりあえず、なんでもいいのでストレッチをしましょう。
ストレッチも思いつかない人は、前屈をして、お尻、太腿、ふくらはぎをしっかり
伸ばして、肩を回して肩甲骨を動かしましょう。

その後、ピアノの椅子に座って、ダンパーペダルを踏みながら
鍵盤を「てのひら」(指ではないです)で押し下げて音を出して
ピアノからの弦の振動が体に伝わってくるのを感じましょう。

うまくいけば、身体の奥までお腹や胸の中まで振動が
伝わってくるはずです。
何も伝わってこないなら、身体のどこに力を入れて振動をせき止めているか
感じながら、身体を揺すってみましょう。
その時、しっかり呼吸をすること。
呼吸を止めることは、肋骨についている筋肉が動かないように
固定することなので、身体の緊張に直結します。

それができたら、今度は、音の振動を感じながら、
頭の中でピアノ演奏の動きを思い浮かべましょう。
演奏の動きを想像した途端に、身体に力が入って振動が
感じられなくなるかもしれませんが、焦らずに
「振動を感じながら、ピアノ演奏の動きをイメージできる」ように
なるまで、イメージの練習をしましょう。

音の振動がなくなったら、何回も音を弾きなおして、とにかく
振動のシャワーを身体に浴びせながら練習しましょう。

これによって「演奏の時の動きを、どのぐらいの身体の緊張度の中で作れば良いのか」を
脳が理解します。

その後、曲を弾くと、きっと音の聴こえ方が変わるはず。
音が自分の「心」に聴こえるようになるはずです。
そうなれば、しめたもの。
「なんだか演奏が楽しい」という感覚がやってくると思いますよ。

ぜひ試してみてくださいね。




♪ピアノと身体の関係にご興味がある方は無料モニターレッスンを受けてみませんか?

コンフォータブルパフォーマンスメソッド

遠方の方はオンラインでも対応しています。
篠原みな子のCD

Whispers of Fairies

2500円 好評発売中!

FC2カウンター
プロフィール

篠原みな子

Author:篠原みな子
作曲・編曲家/ピアニスト
2006/11/11にファーストアルバム「Whispers of Fairies」をリリース

最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
最近のトラックバック
月別アーカイブ
オススメ情報

おそうじ楽々。しかも地球もきれいになっちゃいます。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク