FC2ブログ
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-02-11 11:08 | カテゴリ:レッスン
今年の夏にピアノ教室の発表会をすることにしました。

1月にホールの抽選に行って参りました。

「発表会のホールとりは気合いである」と思っている私。

かなり人気のあるホールなので、気合いを入れにいれて
抽選にのぞんできました。

前日に、手帳の希望日に「発表会」と記入。
(もう、とれた気分になるため)

当日は、朝日をあびながら
希望日と希望会場名の入ったプログラムをイメージ。笑。

ばっちり化粧をして、いつもラッキーを運んでくる
「勝ち服」(?)を着て、でかけました。

会場では一番前にすわり、意識を集中。笑。

ホールの抽選は商店街のくじびきのようなガラガラをまわすものでした。
でてきたボールに書いてある数字の順にホールをとることが
できるのです。

発表会の日を決める前に、生徒に予定をリサーチしたところ
みんなの都合のよい日が一日しかないことが判明。

抽選会場には60人近い人がきておりました。
50番代などひいてしまったら、絶対に希望日を
とることはできません。

私がガラガラをまわせるのは26番め。

まわしにいったとき、まだ一桁があまりでていないことが
わかり、「この日をとらせて!!!!!!!」と念じて
ガラガラをまわすと、、、、

なんと「1番」!

めでたく、希望日をゲットすることができました。

あとで知ったのですが、どうやら2番をひいた人が
私と同じ日を希望していたらしく、1番だったから
希望日がとれたようでした☆

おお!なんかいい感じ。
楽しい発表会になりそう。

このミラクルを生徒や生徒のお母さんにメールしたところ
かなり盛り上がりました。

楽しい気分は広がって、みんなやる気十分。
軽くお祭り騒ぎとなりました。笑。

発表会は7月なのに、もう衣装を買ったよという人が
三名。笑。

そして、子供も大人も「何を弾こうかなあ」と楽しそうです。

とくに小さな子供たちは、まだ曲も弾けていないのに
「早く発表会にならないかなあ。楽しみだなあ」と目をきらきら。

そこで、ふと思いました。
「昔、こんなにみんな発表会を楽しみにしたっけな???」

ずっとずっと昔は、全然そんなことありませんでした。
ブルーになる子供たちを励まして、頑張らせた記憶が
あります。苦笑。

ここ数年は、みんなが発表会好きになる傾向にありましたが
でも、ここまでじゃなかったなあ。

そしてちょっと印象的なのは、発表会にでたことのない子までが
とてもやる気なこと。(これは、今までなかったのです)
不安がるかと思いきや、なぜかみんな
発表会やるよと言ったら「わあ~!」と目を輝かせました。

これって、なんだろう。
今までと何が違うんだろうな。

思い当たることと言えば、レッスンで弾く曲の自由度が
あがったこと。(全員本の中の曲を好きな順番で弾いてきて
よいと言っています。もちろん本人が本の順番にやりたければ
順番にやりますが)

あとは、以前にもまして「ミス」を重視しなくなったこと。

ミスは、練習不足というよりは
音の聞こえの問題(頭の位置とか、弦の振動の身体に伝わる具合とか)だと
いうことがわかるようになったので、
私のなかで「ミス」自体がどうでもよくなったのでした。

演奏の質をあげるために、頭の位置を調節して
聴覚がよく働くようにし、弦の振動が身体にきちんと伝わるようにして
身体の中からも音を聞こえるようにして、
演奏者が冷静に客観的に音を聴くことができるようにしていくと
演奏の質があがっていく中でミスはいつの間にかなくなってしまうので
私自身も無意識のうちに、ミスにこだわらなくなったのだと思います。

私がこだわらないので、生徒たち(特に子供たち)も
ミスにあまりこだわらない。
曲の仕上げは自分で決めるのですが
「この曲は気に入っているから、完璧に弾きたい」といって
間違えないようになるまで弾くときもあれば
「この曲は、ちょっと間違えたけれど、
全体はきれいに弾けたからもういいかな」と
仕上げるときもあり、いつも自分で判断するので
ミスによって「何か言われるのでは」という怖さは
少ないようです。(無いことはないのでしょうけれど)

発表会の怖さは、「間違ったらどうしよう」というのが
大きいので、生徒たちの中にミスを恐れる気持ちが
なくなったというのは大きいのかなと思います。

私の狙ったところではないので、とても面白い現象だなと思いました。

発表会では、みんなが好きな曲をみつけながら
自分がこれから「どういう音楽」と「どういう風」にかかわっていきたいのかを
見つけていってくれたらいいなと思います。

そして、それが人生において「音楽とどうつきあっていくか」を
自分なりにみつけられるところへ繋がっていったらいいなと思います。

さらに自分が楽しくピアノをひくことで
周りの人も楽しくハッピーになるという経験を
舞台で味わえるような発表会になったらいいなと思います。

なんだか、とっても楽しみです☆
スポンサーサイト
秘密

トラックバックURL
→http://minnanoko.blog78.fc2.com/tb.php/362-f79e6a2f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。