FC2ブログ
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-12-28 10:46 | カテゴリ:子供のこと
結婚してから7年目にして、我が家に娘がやってきました。

結婚して7年は、長いと言えば長い。

でも7年という月日は
子供を受け入れる準備を整えるのに
必要な時間だったと思っています。

勢いに任せて無理ばかりさせていた身体を整え
心の中のゴミをせっせと掃除して、、、

そして、準備が整ったので「今」、彼女は
私のもとにやってきたのだろうと思っています。

「子供は親を選んで生まれてくる」

この説を私は昔から信じています。

だから、「赤ちゃんに来てほしいな」という思いが
自分の中でブレのないもになった昨年の12月
(それまでは、結構ぶれていました)、
「来てくれる予定の赤ちゃん」に向けて
一通の手紙を書きました。

あなたに来てほしいと願っていること
そのために準備をしていること
そして、あと何をしたら来てくれるか教えてほしいこと。。などを
綴ってみました。

すると年明けに「あと何をしたらいいか」ということについての
インスピレーションがやってきて(私は、赤ちゃんが知らせて
くれたと信じているのですけれど)
そこから私の生活が急激に変化していきました。

そして「準備が整った気がする。。」と思った翌月
娘はお腹にやってきました。

さて。。。

一年たって、昨年書いた娘への手紙をあけ
日付をみてびっくり。

それは、一年前の12月15日に書かれていました。
そう。15日は、娘を出産した日。
娘が生まれるきっかり一年前に、その手紙は書かれていたのでした。

予定日は27日で、妊娠はすべて順調で、あとは陣痛待ちのはずだったのに
13日に健診に行ったら突然「骨盤が小さくて赤ちゃんの頭が通れない」と
いうことが判明、14日に入院、15日に帝王切開。

何やら強引に赤ちゃんをお腹から、ひっぱりだしたような気持ちにも
なったのですが、手紙の日付をみて「15日」は彼女が決めてきた日なのだと
思いました。

「手紙を読んで、来たのよ」と知らせるために
その日を選んできたのかなと思ったら、なんだかほんわかと
幸せな気持ちになりました。

ちなみに。。
12月は14日が夫の誕生日、13日が義理の父の誕生日。
娘が15日に生まれたことで、誕生日が三日連続になりました。
そのことで、夫も義理の両親も私も、ほんわかと楽しい気持ちに。。

無理矢理決まったように見えた15日は、
実は、赤ちゃんの粋な演出(笑)だったのかなと思ったりしています♪


スポンサーサイト
秘密

トラックバックURL
→http://minnanoko.blog78.fc2.com/tb.php/420-b87ecd4e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。