-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-09-16 22:00 | カテゴリ:レッスン
先日、発表会後はじめてのレッスンをしました。

大人も子どももみんな、満足顔で「自分なりに頑張った!」と言っておりました。

よかった、よかった☆

さらに、大人はもちろん、小学生の子どもたちも張り切って次の曲を探してきました。


昔々は、発表会のあと子どもたち(特に小学生高学年)が力付きて、
しばらくやる気無し、、みたいなことも
ありましたが、最近はそういうこともなくなり。。

しかも今回は、子どもたち(小学六年生たち)、やる気満々。笑。

発表会であの子が弾いた曲が弾きたい!という子。
自分で楽譜を調達してきた子。

テキストはどうなってるんだ?
、、、という問題もありますが(笑)
最近は、テキストは適当にして
「弾きたい曲を弾けるようにしていく」ことを
メインにレッスンすることにしているのでした。

どんな曲にも、技術的なテーマはあるものだし
読譜力をつけたいなら、興味のある曲が一番だし。
(「指は動くようにしてあげるから、とにかく譜読みしてきなさい!」と
言うと、みんな結構難しい楽譜でも頑張ってきます。)
心が共感できる曲だと、表現に対しての興味がぐ〜んと湧きますし。。

思い切りテキストをスキップすることもあるので、
多少、邪道なのかもしれませんけれど(笑)、
私の中では一番しっくりくるスタイルとなっております♪

しかも「演奏する身体」の解剖学的な仕組みがわかったら
「弾きたい曲を、なんとかしょぼくても形だけ仕上げる」のではなく
「弾きたい曲をきちんときれいに弾ける実力を、その曲で
つけていく」
ことができるようになったので、
生徒自身も上達を実感しながら、願いを叶えていく、、
ということが実現できるようになりました。
(しかも、色々身体についての学びを深めていくうちに、
生徒の曲の仕上がりのクオリティーも年々あがっています)

このスタイルになってから、「生徒が練習してこなくて困る!」と思うことが
本当に少なくなりました。
(みんなやる気の勢いは、一定ではないので、勢いが落ちて
てこ入れが必要!と思うことはありますが)

はじめは、自分の身体の痛みをなんとかしようとはじめた
解剖学の勉強でしたが、レッスンにおいて
できることがとても増えました♪

神様のギフトかしら☆

人生って面白いもんです。
スポンサーサイト
秘密

トラックバックURL
→http://minnanoko.blog78.fc2.com/tb.php/475-ea7a4c76
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。