fc2ブログ

ピアノ演奏の本番前に緊張したらどうするか

2024.01.24.09:44

演奏会や発表会前に、すごく緊張することがありますよね。

私の教室の発表会で、よく見られるのは「発表会一週間前に下手になる」という
現象。

心身の緊張から、いつものように身体が動かなくなってしまうのだと思います。
この現象、酷いと体調不良さえ引き起こすこともあり
悩んでいる人も多いはず。

こんな時にまず一番大事なことは、焦って弾かないこと。
力んだ体で練習すると、脳がどんどん力んだ状態を覚えてしまい
それまでせっかく良い状態で記憶してきた運動命令が、どんどん力む方向へ
書き換えられてしまいます。

緊張でうまく弾けない!と感じた時は
弾かずに楽譜を眺めたり、脳内で音をプレイバックしたり
動きを確認したりしましょう。
すると、自分の身体がいつもと大きく違ってガチガチであることが
より具体的に認識できるはず。

認識できたら、イメージの中で身体の緊張なく演奏する
練習をしましょう。
呼吸をして肋骨を大きく動かしながらやると、「リラックスした動き」が想像しやすくなります。

しかし。

「いやいや。緊張しないようにイメージするって言ったって、
そんなのできないよ。それができたら苦労しないよ。」

そんな人もいますよね。きっと。
私もずっとそう思ってきました。

そんな人におすすめなのは。。

「怖くない」とか「頑張れ」とか自分の気持ちを奮い立たせるのは
やめて、もうこの際、「怖い」「緊張する」「いやだ」という
身体をこわばせる気持ちを感じ切ってしまうこと。

多くの場合、「怖い」という気持ちを「感じないように」
脳が体に緊張の運動命令を出しています。

だから、「恐怖を感じきってしまう」ことで「感じたくないもの」が
なくなってしまえば、身体を緊張させる必要がなくなるので、
自然と身体がゆるむのです。

そこまでやってダメな人は。。。

過去の悪しき記憶にやられているという可能性を考えましょう。
記憶はおそらく神経系を通して、体で表現されているのでは
ないかと私は考えています。
そして、その体で表現されている記憶が
演奏の邪魔をする、、というのは、音大を出たような人に
よく見られるものです。

そんな時は。

もしも自分の中に自分を脅かす声が聞こえたら、
イメージの中でそれを袋に詰めて宇宙空間に投げてしまうとか。。
背骨の中に何か良からぬものが入っている感じがするなら
イメージの中でそれを注射器か何かで抜き取って、代わりに光を
注入するイメージをするとか。。

そんなことが役に立ちます。
イメージは、なんでも OK。
とにかく、「それはいらない」と意思表示できるイメージをします。

「イメージでそんなことができるの?」と疑わしいかもしれませんが
脳の制御において「運動イメージ」は、「運動の準備」とほぼ同等のものなので
運動イメージ(「緊張」は、身体を硬直させる運動命令が出された状態なので運動と考える)における
不要なものを「いらない!」と自分の中で宣言し、「良い状態の運動イメージ」に書き換えることで
運動準備が変わり、実際の運動が変わります。
(実際の運動実行中の運動命令の変更は、運動制御の関係で書き換えが難しいので
イメージで、、というところがポイントです)

以前、ピアノの先生から、生徒さんがコンクール前に心身の緊張から
演奏ができなくなってしまって、、と相談を受けた時
こういった方法がとても役に立ちました。

後日、その生徒さん、コンクールの日、落ち着いて演奏して入賞したと
聞きました。

私は、自分でも、そして発表会前のレッスンでも、これをつかいます。

よかったら、試してみてくださいね。




♪ピアノと身体の関係にご興味がある方は無料モニターレッスンを受けてみませんか?

コンフォータブルパフォーマンスメソッド

遠方の方はオンラインでも対応しています。
スポンサーサイト



comment

Secret

篠原みな子のCD

Whispers of Fairies

2500円 好評発売中!

FC2カウンター
プロフィール

篠原みな子

Author:篠原みな子
作曲・編曲家/ピアニスト
2006/11/11にファーストアルバム「Whispers of Fairies」をリリース

最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
最近のトラックバック
月別アーカイブ
オススメ情報

おそうじ楽々。しかも地球もきれいになっちゃいます。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク