FC2ブログ
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-04-09 01:49 | カテゴリ:CD&コンサート
先日、国立のサロン・ド・ノアンでの私のファーストコンサート、無事おわりました。
おかげさまで満員での開催となりました。

おいで下さった皆様、ありがとうございました!

今回ははじめてのコンサートということで、いろいろ楽しい準備をしました。

まず二月と三月、毎週メイクレッスンに通いました。
せっかくやるなら見かけも大事!
毎日毎日せっせと習ったメイクの練習をしました。笑。

その甲斐あって、コンサートにきた友人に「それ自分でメイクしたの??すごいね」って
言われました。
ちょっとは上達していたようです。

それから、今回のコンサートのタイトルは「音と色で綴る妖精のささやき」だったので
自分の曲のイメージの絵を何枚もかきました。

当日、自分の曲のイメージで描いた不思議な4枚の絵をかざって
「今から弾く曲の絵はどれでしょう?」というのをやったら
結構、お客さまが楽しんでくださいました。

コンサート二日前、会場に打ち合わせにいったのですが、そこでも楽しい準備をしました。
プレイエルピアノサロンということでサロンにピアノが五台もあるんです。
ちょっと弾いてみたら、みんなびっくりする程違う音色。

じゃあ、それぞれの曲に似合うピアノを選んで当日弾いたら楽しいんじゃないかしら?
そう思い立って、それぞれの曲を4台のピアノで試して、一番ぴったりくるものを
選びました。

結局朝11時に会場に行って、19時までサロンでピアノを弾いていました。

なんでそんなに長居したかというと、ピアノを選んでいたというのもあるのですが
ピアノと仲良くなるためにも、たくさん触れたかったんですね。

プレイエルピアノって、他のピアノと全然違うんです。
ちゃんとピアノの言い分に耳をかたむけないと、ちゃんと鳴ってくれない。

フランスピアノはフランス人の気質に似ているのかしら。
とにかく、弾き手にこびない。あわせてくれない。笑。

でも、そのかわり驚くほど響きが豊かです。
ポンと弾いたあとほとんど減衰しないで音がのびていく。
「えええええ????」と弾きながら興奮してしまいました。笑。
その上、音色の種類の多い事!
ちょっとタッチを変えるだけで、全然違う響きがするんです。
すごいな~。楽しいな~。
欲しいな~と思って値札を見たら、アップライトピアノで200万ぐらいするんですね。

あはは。なるほどと思いました。笑。

私が当日使用することに決めた4台のピアノは、みんなそれぞれに言い分があるようで
私は一日その言い分に耳をかたむけ仲良くなることに専念しました。

その甲斐あって
当日は、みんなちゃんと言う事を聞いてくれました。よかった。

一回のコンサートで音色の違う4台のピアノで演奏するって贅沢ですよね!
みなさん、音色の違いを楽しんでくださったようです。

そうそうプレイエルピアノってデザインもすごく素敵なんで(燭台がついていたり
革ばりだったりするんです)
それも楽しかったみたいです。

コンサート前日には、特製プログラムの準備をしました。
プログラムのデザインと印刷は夫にやってもらったのですが
そこに直筆でお客さまのお名前とそれぞれの方にメッセージをいれました。

コンサートってバタバタしていて、落ち着いてお話できないから
ちゃんと感謝を伝えたいな~~と思って、そうすることにしました。

結構これも喜んで頂けました。

来て下さった方々が、どうしたら面白いだろう、驚くだろうと考えて準備するのって
ほんとうに楽しいですね!!

さてさて、そんな色々な準備をして迎えた当日ですが、まあ無事に終ったといっても
いろいろなことがありました。

なんといっても緊張した~~~~~~~。

途中からだんだん大丈夫になったけれど、出だしは緊張していて
まあ、演奏はなんとかなったとして、話しはじめたら早口になるし、
曲タイトルは間違えるし、ビデオをみて自分で大笑いしてしまいました。

3曲目を弾いていたとき、サロンの面している道路になんと選挙演説の車がきてしまいました。
サロンはホールではないので演説は筒抜け。

大きな声で演説される中で正気で弾くってものすごいことです。
しかも本番です。

心の中で思いました。「これを乗り切れたら、私はこの先どこでも弾く事ができるはず。
絶対できる!!私が演説を聞いたらみんなも演説を聞いてしまう。私がピアノを聴けばみんな
ピアノを聴いてくれるはず」

正直気が遠くなりそうでしたが、なんとか持ちこたえました。笑。
ものすごく長い時間に感じたけれど、ビデオでみたらほんの少しの時間だった。
時間って不思議です。

4曲目、もう大丈夫よ。演説はこないわ!と思ったら今度は鍵盤の上に小さな
虫がいるではありませんか。
動揺しながらも弾きながらあわててはらいました。笑。

後半、落ち着いてきたら全てが順調に進んで後半は落ち着いて楽しく弾く事ができました。

後半、鼻をすする音が結構あちこちから聞こえて「花粉症の人が多いのかな」と
思っていたら、来ていた友達に「泣いていたんだよ」と言われました。

前にもブログにかきましたが、聴いている人が泣く時って
私がほんとうにただ普通に弾いているときなんですね。

だから、まさか聴いている人が涙するなんて思いもよらないというときに
聴いている人が泣くんですね。
この感じがとっても不思議です。
こちら側がものすごく、さらりとした気分で弾いているときにのみ
おこる現象なのでした。
これがなんなのか、どういうことなのかは私にはわかりません。

本人はまさかと思っているので「みんなが花粉症」なのかと思ったと言ったら
友達に大笑いされました。

何はともあれ、無事コンサートが終了。
よかったよかった。

次は五月の三鷹だ~。
有難いことに60席のチケットが完売になりました。
奇跡です!みなさん、ほんとうにありがとうございます。

さっき「月夜の花」のフルートバージョンのアレンジが出来上がりました。

三鷹も楽しさいっぱいのコンサートにするつもりです。
お楽しみに!!

そうそう、サロン・ド・ノアンは国立の南口のほうにあるのですが
本当に素敵なピアノがならんでいて楽しいのでぜひ遊びにいってみてください。

ピアノが弾けない方でも、お店にとってもピアノの上手な方がいるので(プロのピアニストです)
お願いすると弾いてくれるはずなので
楽しめると思います。

サロン・ド・ノアンのホームページはこちらです。見てみてくださいね!


http://www.kunitachi-gakki.co.jp/nohant/
スポンサーサイト
秘密

トラックバックURL
→http://minnanoko.blog78.fc2.com/tb.php/56-50c1911f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。